• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不失正鵠の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事の要点や急所を正確にとらえること。的まとをはずれないこと。▽「正鵠」は弓の的の中心。的の真ん中の黒い星をいう。転じて、物事の要点・急所の意。「正鵠せいこくを失うしなわず」と訓読する。「正鵠」を「せいこう」と読むのは慣用読み。
出典
『礼記らいき』射義しゃぎ