[名・形動]注意が足りないこと。考えが足りないこと。また、そのさま。不注意。
  • 「お前さんに黙って公債証書を民蔵に渡したのは妾の―だが」〈魯庵社会百面相

出典:青空文庫