[名・形動]

  1. 機敏でないこと。また、そのさま。

    1. 「小さい穴を、木村は―にして見付けなかったのである」〈鴎外・田楽豆腐〉

  1. 才知・才能に乏しいこと。また、そのさま。多く自分のことをへりくだっていう。

    1. 「推理の誤謬 (ごびゅう) や不備があればそれは―のいたすところである」〈寅彦・比較言語学における…〉

出典:青空文庫