• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

毎日、絶え間なく経を読むこと。また、死者の冥福追善などのために、一定の期間、昼夜間断なく大般若経 (だいはんにゃきょう) ・最勝王経・法華経などを読みあげること。不断の読経。

「―の暁方 (あかつきがた) の、ゐかはりたる声のいと尊きに」〈・総角〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉