• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代中期の和算家(数学者)、安島直円の著作。円理や方程式など、自身の数学研究を集成したもの。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉