• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ワクチンのうち、抗原となるウイルス細菌などの微生物を不活化し、毒性を弱めたもの。免疫の持続期間が短いため、一定の間隔をおいて数回の接種が必要となる。日本脳炎インフルエンザB型肝炎などのワクチンが相当する。死菌ワクチン。→生ワクチン