不立文字の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

悟りは文字や言葉によることなく、修行を積んで、心から心へ伝えるものだということ。悟りは言葉で表せるものではないから、言葉や文字にとらわれてはいけないということ。▽禅宗の基本的立場を示した語。「文字もんじを立てず」と訓読する。
用例
加えていえば、そんな生活にあけくれつつも、己れは不立文字の禅境を説くに、いくたの文をなした。<水上勉・一休>
類語
以心伝心いしんでんしん 教外別伝きょうげべつでん 拈華微笑ねんげみしょう 維摩一黙ゆいまいちもく

不立文字の解説 - 学研 四字辞典熟語

禅宗で、悟りの境地は、ことばで教えられるものではなく、心から心へと伝わるものであるということ。ことばにとらわれてはいけないという戒め。
注記
「立」は、成り立つ・成り立たせる。「文字もんじを立てず」と読み下す。「不立」を「ふりつ」、「文字」を「もじ」と読み誤らない。
類語
以心伝心いしんでんしん 教外別伝きょうげべつでん 拈華微笑ねんげみしょう 維摩一黙ゆいまいちもく

不立文字の解説 - 小学館 大辞泉

⇒ふりゅうもんじ(不立文字)

禅宗の根本的立場を示す語。悟りの内容は文字や言説で伝えられるものではないということ。仏の教えは師の心から弟子の心へ直接伝えられるものであるという以心伝心の境地を表したもの。ふりつもんじ。