• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不羈奔放の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何ものにも拘束されず、思いどおりに振る舞うこと。また、そのさま。▽「羈」はつなぐ意。「不羈」は束縛を受けず自由なこと。「奔放不羈ほんぽうふき」ともいう。
句例
不羈奔放な性質
用例
そういう不平不満は行平や、在五(在原家第五子)中将と称せられた業平などを不羈奔放な生活に奔はしらしめたのである。<今東光・一絃琴>
類語
自由奔放じゆうほんぽう 不羈自由ふきじゆう 不羈磊落ふきらいらく
活用形
〈―ナ〉

不羈奔放の解説 - 学研 四字熟語辞典

何事にも縛られず、自由気ままにふるまうこと。また、そのさま。
注記
「不羈」は、馬をつながないこと。転じて、束縛されないこと。「奔放」は、何事にも縛られず、思うままにふるまうこと。「奔放不羈ほんぽうふき」ともいう。
類語
自由奔放じゆうほんぽう 天馬行空てんばこうくう

キーワード[自由/不自由]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。