[名・形動]《「羈」「羇」ともに、つなぐ意》
  1. 物事に束縛されないで行動が自由気ままであること。また、そのさま。「独立―」

    1. 「或は英人の支配を受くる者あり。或は―なる者あり」〈柳河春三編・万国新話〉

  1. 才能などが並はずれていて、枠からはみ出すこと。また、そのさま。「―の才」

出典:青空文庫