• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

個人が一生の間に国に支払う額と国から受け取る額を、世代別に推計すること。国民負担の世代間格差を示す指標として用いられる。税金・社会保険料などの負担額と、年金医療保険・補助金の給付などの受益額の差額を世代別に算出し、現在の価値に換算して比較する。