1. 世の中をよくすること。特に、幕末から明治の初めにかけて、貧民の救済、平等な社会の実現を希求した民衆意識。

  1. 凶事を吉事にするように祝いなおすこと。縁起なおし。「世直しに一杯やる」

  1. 地震・雷などのときに唱える呪文 (じゅもん) 。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉