1. 跡目を相続すること。また、その人。あととり。「主家のお―」

  1. 歴代の天皇の事跡を次々に語り継ぐこと。また、それを仮名文で記した歴史書。「栄花物語」「大鏡」など。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫