• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 時代物風に調子を張っていたせりふまわしが、急に庶民的、日常的なくだけた調子に変わる。

  1. 言葉や身のこなしなどが和らぎ打ち解けて庶民的になる。

    1. 「―・け居て、仇気 (あどけ) なくって可愛らしくって」〈鏡花・湯島詣〉