取引で、同一人が、同一銘柄の売り建て買い建ての両方をたてておくこと。

[社会/経済]カテゴリの言葉