• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

埼玉県西部、秩父市大滝地区と秩父郡小鹿野 (おがの) 町の境界にある山。標高1723メートル。秩父古生層チャートからなり山稜は険しい。古くから信仰の山とされ、江戸時代には修験道場として栄えた。山頂の両神神社に伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) 伊弉冉尊 (いざなみのみこと) の二神をまつり、山名もこれに由来するとされる。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉