• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 二つで一組みとなるものの双方。両方。「両の手」「両の目」

  1. 近世まで用いられた重さの単位。1両は1銖 (しゅ) の24倍、1斤 (きん) の16分の1で、約41~42グラム。

  1. 江戸時代の通貨単位。金1両は慶長小判1枚(4.75匁、約17.8グラム)とし、その4分の1を分、分の4分の1を朱とする。また、金1両に対し銀50匁(のち60匁)、銭4貫を公定相場としたが、実際は変動が激しかった。

  1. 薬の重さの単位。1両は4匁。

  1. 布帛2反。

  1. 明治時代、俗に、のこと。

[接尾]助数詞。
  1. 車の台数を数えるのに用いる。「前の3両が脱線」

  1. 二つで一組みになっている物を数えるのに用いる。

    1. 「錦御襪 (したうづ) 八―」〈皇太神宮儀式帳

  1. 装束・鎧などを数えるのに用いる。

    1. 「鎧の二三―をもかさねて、たやすう射通し候ふなり」〈平家・五〉

[補説]1は、「輛」とも書く。また、3は「領」の当て字。