• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動サ変][文]ちゅう・す[サ変]
  1. まんなかに至る。まっさかりになる。

    1. 「烈日の天に―・するが如き勢」〈露伴・プラクリチ〉

  1. かたよっていないさまになる。中庸の道を守る。

    1. 「これを君子時に―・すと申します」〈続々鳩翁道話〉