• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

国文学者、市古貞次の代表的著作。昭和56年(1981)刊行。室町時代の御伽草子300作品あまりを分類・体系化し、日本の中世文学研究の基礎をすえた作品。中世小説の年表も収録。

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉