• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世の文学。

  1. 鎌倉時代室町時代に書かれた文学。平安時代の文学様式のほか、新たに軍記物語連歌謡曲狂言御伽 (おとぎ) 草子などを成立させ、幽玄有心 (うしん) などの美的理念や文学理論を生み出した。

  1. 欧州で、ローマ帝国の分裂からルネサンスに至る文学。初期にはラテン語で書かれた各種年代記や聖者伝があり、12、3世紀には分化した各民族に対応して英雄叙事詩が成立する一方、封建諸侯の庇護 (ひご) のもとに宮廷文学が栄え、末期には新興市民階級の台頭によって合理的精神・批判精神が生まれるなかで風刺文学や喜劇が盛んになった。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉