• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中井履軒の解説 - 小学館 大辞泉

[1732~1817]江戸中期の儒学者。大坂の人。名は積徳。甃庵 (しゅうあん) の次男。兄竹山とともに五井蘭洲に学び、折衷主義的で自由な学風を樹立した。著「七経逢原」「年成録」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉