[名・形動]《「ちゅうぐらい」とも》程度が中間であること。大きさ・重さ・長さ・順位などが、平均的であること。また、そのさま。「―な(の)成績」「―な(の)背丈」

出典:青空文庫