• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安後期の公家、中御門 (なかみかど) 右大臣藤原宗忠の日記。寛治元~保延4年(1087~1138)の記事があり、院政期の政治情勢や有職 (ゆうそく) などを知る基本史料。宗忠公記。中右抄。愚林。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉