1. 国の中央の部分。天子の都のある地方。

  1. 諸国の中央の意で、自国を誇っていう語。

  1. 律令制で、人口・面積などによって諸国を大・上・中・下の四等級に分けたうちの第三位の国。安房 (あわ) 若狭能登など。

  1. 律令制で、都からの距離によって国を遠国 (おんごく) ・中国・近国に分類したうちの一。駿河 (するが) 越前出雲 (いずも) 備後 (びんご) など。

山陽道山陰道を合わせた称。

中華思想に基づいて自ら称した名》アジア東部の大半を占める国の通称。前16世紀ごろから前11世紀ごろにかけて、黄河流域に殷 (いん) 王朝が起こり、以後、三国南北朝などの時代を経て、1912年共和制中華民国が成立、1949年中華人民共和国となる。→中華人民共和国

出典:gooニュース

出典:青空文庫