幕末から昭和初期の歌舞伎で、一番目狂言と二番目狂言との間に演じる狂言。華やかな一幕物が多い。京阪では、中 (なか) 狂言といった。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫