• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

錯体の中心となる原子。1個のものがふつうであり、単核錯体とよばれる。複数の場合は複核錯体という。