• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中村勘三郎の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。

(初世)[1598~1658]山城の人。屋号、柏屋。寛永元年(1624)江戸中橋に江戸で最初の歌舞伎劇場猿若座を創立、のち中村座と改称。以後代々俳優と座元を継承。猿若勘三郎。
(17世)[1909~1988]東京の生まれ。3世中村歌六の三男。本名、波野聖司 (なみのせいじ) 。屋号、中村屋。初世中村吉右衛門の弟。義父6世尾上菊五郎の芸風を受け継ぎ、特に世話物に独自の芸境を示した。昭和55年(1980)文化勲章受章。
(18世)[1955~2012]東京の生まれ。17世の長男。本名、波野哲明 (のりあき) 。屋号、中村屋。5世中村勘九郎 (かんくろう) として初舞台を踏み、その後も幅広い役柄をこなし人気俳優として活躍。平成17年(2005)18世中村勘三郎を襲名。ニューヨークやベルリンなど海外での公演を成功させたほか、現代演劇やテレビドラマ・映画でも活躍した。

中村勘三郎の解説 - SOCKETS人物データベース

17代目中村勘三郎の長男として生まれ、1959年に5代目中村勘九郎として初舞台。伝統的な歌舞伎演目の他、映画やテレビ、CM、現代演劇への出演経験も数多い。「江戸時代の芝居小屋」をコンセプトに自身で手がける「平成中村屋」は海外でも高評価を得ていた。2012年12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため死去。
出生地
東京都
生年月日
1955年5月30日 ふたご座
没年月日
2012年12月5日(享年57歳)
血液型
O型
別表記
中村屋 波野哲明 なみの・のりあき のりちゃん 中村勘三郎
役者・俳優
出生地
東京都
生年月日
1909年7月29日 しし座
没年月日
1988年4月16日(享年78歳)
別表記
十七代目 中村 勘三郎 波野 聖司

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉