• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代、神事に関する罪を犯した人に、罪の軽重に応じて大・上・中・下の四等に分けて朝廷から祓 (はらえ) の料物を科した、その第三等。