天台宗でいう三観の一。三千諸法の一つ一つが絶対であることを直観すること。中諦 (ちゅうたい) の理を観じ、中道の理を明らかにすること。