中野正剛の解説 - 小学館 大辞泉

[1886~1943]政治家。福岡の生まれ。新聞記者を経て衆議院議員となり、憲政会立憲民政党に所属。東方会を組織し、民間での全体主義運動を推進。「戦時宰相論」で東条英機首相を批判、さらに内閣打倒を策して逮捕され、釈放直後自殺。

中野正剛の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家 ジャーナリスト
出生地
福岡県福岡市西湊町
生年月日
1886年2月12日 みずがめ座
没年月日
1943年10月27日(享年57歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉