[名](「仲間」とも書く)
    1. ㋐昔、公家・寺院などに召し使われた男。身分は小者との間に位する。中間男。

    2. ㋑江戸時代、武士に仕えて雑務に従った者の称。

  1. 江戸幕府の職名。江戸城内の部署の警備やその他の雑事に従事した。

[名・形動ナリ]
  1. 時間的、空間的に、ものとものとの間。なかほど。ちゅうかん。

    1. 「彼の両国の―に舎衛国 (しゃゑこく) 有り」〈今昔・五・二二〉

  1. どっちつかずなこと。中途半端なこと。また、そのさま。

    1. 「夕潮ただ満ちに満ちてこよひ宿らむも―に潮満ち来なばここをも過ぎじと」〈更級

  1. 二つのものの間にあるものや状態。仏教で、有と無の間、前仏後仏の間などをいう。

    1. 「二仏の―闇ふかく」〈発心集・五〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース