• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 出家受戒後の安居 (あんご) の功を積んだ年数によって上・中・下と分けた、その中位に位する者。

  1. 平安時代、後宮に仕える女官で、内侍でない者。上﨟小上﨟の下、下﨟の上。中﨟女房。

  1. 室町時代、武家の奥向きに奉仕する女中。御中 (おなか) 。

  1. 江戸時代、幕府の大奥に仕えた女中で、上﨟年寄などの下。また、大名の奥女中をもさす。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉