• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌山県串本地方の民謡。幕末ごろ、他国の門付けが伝えたものといわれる。囃子詞 (はやしことば) から「オチャヤレ節」とよばれ、祭礼の御輿 (みこし) 行列に歌われていた。のち座敷歌となり、大正末期に全国に広まった。