• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 違いがわからないほどあるものやある状態に類似しているさま。あたかも。さながら。「この惨状は丸で地獄だ」「丸で夢のよう」

  1. (下に否定的な意味の語を伴って)まさしくその状態であるさま。すっかり。まったく。「丸でだめだ」「兄弟だが丸で違う」