• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俳諧で、宗匠が点をつけるとき、五点の代わりにつけた丸じるし。ただの五点より格が上とされた。輪五点 (わごてん) 。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉