• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

少額貯蓄非課税制度。貯蓄の奨励と社会保障の支援を目的とし、一定金額以下の貯蓄の利子を非課税扱いとするもの。昭和63年(1988)4月、高齢者などへの特例を残して廃止。平成18年(2006)以後は高齢者についても廃止され、現在は障害者などについてのみ非課税枠が認められている。