• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 全部完全にそろっているもの。

  1. 演劇などの大道具のうち、本物のように立体的に作ったもの。平物 (ひらもの) に対していう。

  1. ひし形の板的 (まと) に対して、円形の皮革製の的。

  1. 《裏表がそろっているところから》小袖 (こそで) 

    1. 「小袖を―といふ事は端物に対していふなり」〈貞丈雑記・三〉

  1. 《形が丸いところから》金銭の隠語。

    1. 「とかく正味の―でなけりゃ夜が明けぬ」〈伎・韓人漢文〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉