為永春水作の人情本「春色梅児誉美 (しゅんしょくうめごよみ) 」の主人公。複数の女性に愛されたので、江戸末期の色男の代名詞となった。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫