• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

墨摺 (すみず) りに、丹の朱色を主として緑や黄などを筆で彩色した浮世絵。浮世絵版画の初期のもので、延宝年間(1673~1681)末ごろからみられる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉