• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

哲学で、世界ないし一切の事物の客観的な存在を否定し、それらを個人的主観の意識内容もしくは自我の働きの所産と考える立場。バークリーフィヒテなどに代表される。→客観的観念論

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉