《「かずえ」は「かず(数)う」の連用形から》律令制で、民部省に属し、調および献上物の数量を数え、国費の支出面などを担当した役所。稲の収納にかかわる主税寮 (しゅぜいりょう) に対する。かずえのつかさ。しゅけいりょう。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉