• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。座頭が師の勾当 (こうとう) を背負い、川を渡ろうとすると、通りがかりの者が座頭の背に乗って渡り、いたずらを続ける。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉