1. 食物を盛るための厚手で深い陶製の大きな鉢。どんぶりばち。

  1. 職人などの腹掛けの前部につけた大きな物入れ。

  1. サラサ緞子 (どんす) などで作った懐中用の大きな袋。江戸時代、若い遊び人が好んで用いた。

  1. 丼物 (どんぶりもの) 」の略。