• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮中の儀式歌舞。舞人四人。もと久米氏が、のちには大伴・佐伯 (さえき) 両氏が大嘗会 (だいじょうえ) などに奉仕した。室町末期に廃絶、江戸末期に復興した。