江戸時代、不品行の子弟が失跡などしたとき、連帯責任から免れるため、親族が奉行所に届け出て失跡者を人別帳 (にんべつちょう) から除名し、縁を切ること。しばしば勘当と混同された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉