• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 調子に乗ること。調子に乗ってしゃべること。

    1. 「少し―に声をはずますれば」〈一葉・われから〉

  1. 乗り気」に同じ。

    1. 「父が…余り―になったもんだから」〈木下尚江良人の自白

  1. 謡曲で、大ノリの拍子に合わせてうたう部分。

  1. 浄瑠璃歌舞伎で、三味線の旋律にのせて調子よくせりふや詞章を語ること。また、その語る部分。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉