• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

乙夜之覧の解説 - 学研 四字辞典熟語

天子が読書すること。読書の大切さをいうたとえ。
注記
「乙夜」は、午後十時前後のこと。一夜を約二時間ごとに五区分した二番目の時間帯。「覧」は、ご覧になる。ここでは本を読むこと。「乙夜」は、「おつや」とも読む。また、略して「乙覧」ともいう。
故事
中国・唐の文宗ぶんそう皇帝は政務が忙しく、側近に「若し甲夜(一九時から二一時)に事を視、乙夜に書を観ずんば、何を以て人君たらんや」といって午後十時頃に読書した。
出典
『杜陽雑編とようざっぺん』上

キーワード[読書・書物]の四字熟語