• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大須賀乙字の俳論集。著者没後の大正10年(1921)、木下立安 (りつあん) (木下蘇子 (そし) )の編集により刊行。