• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《動詞「め(減)る」の連用形から》

  1. へること。出費や損失。

    1. 「一年に殆んど五割の―が立つ」〈魯庵社会百面相

  1. 邦楽で、音の高さを低くすること。特に尺八でいう。⇔甲 (かり)