• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

九牛一毛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

多くの中の、きわめてわずかな部分のたとえ。また、きわめて些細ささいで取るに足りないことのたとえ。多くの牛に生えたたくさんの毛の中の一本の意から。▽「九牛」は多くの牛。「九」は数が多いことをいう。略して「九牛毛」ともいう。
出典
『文選もんぜん』司馬遷しばせん「任少卿じんしょうけいに報ほうずるの書しょ
用例
如斯こんな下劣の匹夫ひっぷに何が出来る?オニャーテが九牛一毛ほどの仕事も恐らく難かしかろう。<内田魯庵・くれの廿八日>
類語
滄海一滴そうかいいってき 滄海一粟そうかいのいちぞく 大海一滴たいかいいってき

九牛一毛の解説 - 学研 四字熟語辞典

無数にあるものの中のごくわずかな部分のたとえ。取るに足りないことのたとえ。
注記
「九」は、数が多いの意で、「九牛」は、たくさんの牛。「一毛」は、一本の毛。たくさんの牛の中にいる一頭の牛のたった一本の毛という意から。略して「九牛毛」ともいう。
出典
『文選もんぜん』司馬遷しばせん「任少卿じんしょうけいに報ほうずるの書しょ
類語
滄海一粟そうかいのいちぞく