石川県九谷に産する陶磁器。明暦年間(1655~1658)から元禄年間(1688~1704)に焼成されて今日古九谷 (こくたに) とよばれる豪放な色絵作品、および江戸末期の再興後に始まる精巧な赤絵金襴手 (きんらんで) などの総称。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫